車 見積もり 仕組み

車の見積もりの仕組みを知ろう!

売却予定の車を見積もりに出すと、業者はこの車は〜円ですねと、見積もり価格(査定額)を定時してきます。

 

この見積もり価格(査定額)は一体どのような仕組みで決定されるのかはあまり知られていません。
もちろん業者によって価格を決める方法や基準が異なる部分もありますが、共通している部分も多いです。

 

さっそく見積もり価格(査定額)が決まる仕組みについて知っていきましょう!

 

見積もり価格(査定額)が決まる仕組み

中古車を買取り、それにいくらかの利益分を上乗せした金額で再び売却する・・・
そうする事で、買取り業者は経営が成り立っています。

  • 再び売却するその先は、
  • 自社の販売店舗
  • 業者専用のオークション
  • 海外へ輸出

など業者によって違いはあります。
また同じ業者でも、買取った車によって、自社店舗で販売したり、オークションに出品したりと、売却先を分けていきます

 

私達が業者に見積もり(査定)に出した中古車を、まず買取り業者は再び売却する際にいくらで売れるかを分析します。
見込める売却額 - 業者の利益 = 見積もり価格(査定額)
となるのです。

 

例えば自社販売店舗で100万円で販売したらすぐに買手が付くだろうと見込めたとします。
そして自社の利益分は50万円と設定。
この場合、見積もり価格(査定額)は50万円となります。

 

同じように100万円で売れるだろうと見込んだ業者があったとしても、その業者が自社の利益分を30万円と設定したのならば、見積もり価格(査定額)は70万円になります。

 

同じ車でも、150万円で売る事が出来る業者が存在し、自社の利益分を50万円に設定したとすれば、見積もり価格(査定額)は100万円になります。

買取り業者のアピールポイントの嘘

買取業者のホームページには、
「当社は自社販売が可能なので、オークションに出品する一般の業者さんより高く買い取れます!」
とアピールされている事があります。

 

これは半分本当で半分嘘です。
自社販売可能といっても、抱えられる在庫車の数には制限があります。
こうした業者でも、全て自社販売はせず、オークションに出品する場合もあります。

 

業者の宣伝文句は真に受けず、色々な業者の見積もり価格(査定額)を調べて、一番高い所に売るべきです。

 

 

一括査定を使えば、複数業者の見積もり価格(査定額)が比較出来ます。
業者がこちらの売りたい中古車を、いくらで転売できるのか?利益をどれだけ取るのか?こういった事は判りませんので、買取価格という結果だけで判断して、どこに売るのがベストかを見極めましょう!

 

 

 

一括査定を使って見積もり価格(査定額)をアップさせる方法→トップページへ